HAT SHOP Nishikawa -ニシカワ帽子店- 紳士・婦人 インポートブランドから普段使いまで

HAT SHOP Nishikawa -ニシカワ帽子店- 紳士・婦人 インポートブランドから普段使いまで

商品カテゴリ

TOP»  帽子の取り扱いについて

帽子の取扱い方法

◇帽子をかぶる
かぶるときは必ず両手でブリムの前後を持って下さい。
※クラウンの前部をきつくつまんでかぶる行為は帽子のいたみを早めます。



◇帽子の手入れ
【パナマ帽子&フェルト帽子の場合】
使用後は柔らかいブラシで毛並み(網目)にそって左回り(反時計回り)にブラッシングして下さい。

また、フェルト帽子の表面のちょっとした汚れは消しゴムで毛並みにそって軽くさするととれます。

雨がしみたときは早めに乾いた清潔なタオル等でかるく叩きながら水気を吸い取って下さい。

パナマ帽子、フェルト帽子共に湿気は大敵です。
保管するときも、湿気の少ないところに保管して下さい。
◎パナマ・フェルト帽子のリボンの交換等は当店にて取り扱っておりますので、ぜひお声掛け下さい。


【洗濯可能の表示がある帽子の場合】
洗濯ネットにいれて洗うか、手で優しく押し洗いして下さい。

その後、陰干しして下さい。
◎生乾きのときに帽子の中に両手をいれて帽子がピンとはるように手で型を整えると、乾いたときにシワがつきにくくなります。

 

【洗濯不可の表示がある帽子の場合】

天然帽子の場合はパナマ帽子&フェルト帽子の場合と同じ扱いです。

綿や麻、ウールなどであればガムテープで軽くゴミをとると綺麗になります。

また、内側のスベリ汚れにはベンジン(もしくは中性洗剤を水で薄めたもの)を含ませた布で拭くと清潔に保つことができます。

洗えない場合でも、スベリを拭いておくと気持ちよくかぶっていられます。

スベリを拭くときは、本体には付かないようご注意ください。



◇帽子を取る
・男性は基本的に人と会って話をするときは、帽子をとる。
・原則的には『靴をぬいだら、帽子もぬぐ』。
・女性は帽子も髪飾りとみなされ、室内でもかぶったままの場合が多いが、日除けを目的としたようなブリムの大きい帽子のときはとる。
・まわりの人の邪魔となる場所ではとる。(映画館など)

帽子の取り扱い方法
帽子の取り扱い方法
帽子